口コミ|
シャンプー|
ヘアケア|
髪質改善|
縮毛矯正|
くせ毛カット|
薄毛・脱毛|
アンバサダー|
趣味
  • スタッフ
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

縮毛矯正とカラーリングの同時施術はNG!

2015.4.22

Lilyくせ毛マイスター:ヘアケア, 野坂 信二

出典 http://www.imcreator.com/

出典 http://www.imcreator.com/

カラーをしているのが当たり前

ノンカラーのひとを見つける方が大変なくらい

現代女性は必ずと言っていいほど

カラーリングをしている率が高い!

 

・・・・・・・・・・・・・

ども

くせ毛顧客率99%

【くせ毛マイスター】のっちです♪

Lily 野坂信二

 

カラーリングしているひとに注意!

 

冒頭でも触れたように

現代女性はカラーリングをしているのが当たり前の時代

それは暗いとか明るい髪色とかに限らず

多くの人がカラーリングを楽しんでいる

 

そんな方々に注意喚起

カラーリングと同時に薬剤を使う施術はなるべく避けること!

思っている以上にカラー剤のコーティングが剥がれたときに

出てくる髪の毛の損傷がひどいです

 

別々にすれば本来加わるはずのない髪への負担が大きいので

なるべく避けましょう!

 

 

カラー直後は気づかない

 

カラーに限らず入れることですが

美容室で使う薬品には髪の毛の【質感向上成分】が入っていることが

ほぼほぼです

 

パーマやカラーや縮毛矯正、、、

髪の毛に負担を与えて痛んでいるはずなのに

髪の毛にいつもよりも艶があるし手触りもいい!

これによって

  1. 「髪の毛が治った!」
  2. 「全然髪の毛が痛んでいない!」

 

なーんて錯覚するかもしれないけど

それはまったくの誤解

その薬剤に含まれている【質感向上成分】のチカラによって

一時的に誤摩化されているだけ

実際はしっかり痛んでます

 

美容師のイヤなところはそれを

あたかも

「カラーしたのにツルツル!どうです すごいでしょ!?」

と自分の技術力が高いからですよ どやぁみたいな

雰囲気を出すこと

 

ホットペッパーなんかにもよく見る宣伝文句だよね

  1. やるたびに綺麗になるなんちゃら
  2. ノンダメージ ダメージレスなんちゃら

 

ただの誇大広告

 

特に注意が必要な組み合わせメニュー

 

縮毛矯正ですね

縮毛矯正+カラー

なんてのはとてつもなく危険な組み合わせ

なクセにみんなかなりの割合でやりがちな組み合わせ

 

同時にやることで

髪の毛内部に残っている薬剤が反応し合って

本来受けることのないダメージを受けてしまいます

 

縮毛矯正をあとにやった場合は

薬剤が計算よりも過剰に反応を起こしてビビリ毛にも

けっこう簡単になってしまうくらい危険

 

1、2回のシャンプーや中和剤を使ったところで

髪の毛の中の薬剤の残留は簡単にはなくならないのです。。。

 

 

どれくらいの期間を空ければいいの?

 

のっちの場合を書きます

カラーと縮毛矯正の組み合わせの場合

 

カラーが先の場合 次に縮毛矯正をかけるまで【3週間】

縮毛矯正が先の場合 次にカラーをするまで【2週間】 

 

ひとつの目安で

ご参考までに

 

 

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

 

Lilyくせ毛マイスター 野坂信二

野坂 信二

予約

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。

  • Facebook
  • Google+
  • インスタグラム
  • ツイッター
  • line

関連記事