口コミ|
シャンプー|
ヘアケア|
髪質改善|
縮毛矯正|
くせ毛カット|
薄毛・脱毛|
アンバサダー|
趣味
  • スタッフ
  • Lily公式ストア
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

暗く染めても明るくなる⁉︎ヘアカラーの仕組みと対策

2017.6.24

Lilyケアリスト:Akiko, ヘアケア

こんにちは!Lilyケアリストの直井晶子です!

明るく染めたわけじゃないのにどんどん明るくなっちゃう…なんて経験ありませんか?

全体カラーを繰り返してしまうとどうしてもそういった現象に陥ってしまいます。

また明るくなったから暗くして…それを繰り返すことでさらに明るく…_| ̄|○

『負のループへようこそ』って感じですね。

 

なぜ髪色が明るくなってしまうのか?

暗くしているのに明るく…なんて意味がわからないですよね?

それを知るためにはまずカラーの原理から。

髪が染まる仕組み

カラーは1剤と2剤、2つの薬剤を混ぜ合わせて使います。

1剤にはアルカリ剤と酸化染料、界面活性剤が含まれます。2剤は酸化剤です。

アルカリ剤は薬剤の浸透を促し、2剤と反応することで脱色します。

酸化染料とは色素です。2剤と反応することで発色します。

界面活性剤は薬剤の浸透を促します。

カラーのメカニズム

全部が合わさってようやく髪が染まります。

 

染めるためには脱色が必要

たとえ暗くするだけでも脱色作用が必要です。

髪色と色素の関係

明るさの違う髪に同じ染料を入れるとこんな感じに。

元が暗いとよくわかりませんよね。だから、たとえ暗い色に染める場合でも多少なり髪を脱色して明るくする必要があります。

繰り返すことでさらに明るく

上記の通り、染めるには一度髪を明るくする必要があります。

つまり、同じ部分を何回も染めるとこんな感じに…

カラーの仕組み

カラーの仕組み

カラーの仕組み

染め上がりの色を同じにすることができても、褪色すると地の色はどんどん明るくなってしまいます。

脱色度合いも多少調節はできますが、やはり明るくなってしまいます。

対処法は?

暗めに染めて、リタッチ(伸びた部分のみへの施術)を繰り返すことで防ぐことができます。

明るく染めるとどうしても褪色が気になってしまうので、やはり同じ部分への施術が必須になってしまいます。なので必然的に暗めに染めることになってしまいます。ただ例外もあるので要注意です!

例外についてはこちらの記事で詳しく書いています↓

【ヘアカラー】最近はやりの外国人風カラー

 

夏に向けて暑くなるとついつい明るい色にしたくなりますが、そんなデメリットもあるんだよー、って頭の片隅に置いておくといいかもしれませんね

では!

 

 
Twitter、LINEではご予約以外にも、『これってどういうこと?』なんて専門的なことから素朴な疑問まで、受け付けています!

お気軽にご連絡ください♪

−SNS−

Twitter→20170115123910.png

LINE@→20170115122852.jpg

フォロー・追加よろしくお願いします♪

Lilyケアリスト 直井晶子

Akiko

予約

ブライダルスタッフの経験を経て、結婚式だけ、などという特別な日のシンデレラストーリーではなく、毎日が輝く日々になればとの想いを抱えてLilyへ。ケアリストとして、ブライダルでの経験を生かしスタイリストとは違う目線から “綺麗” をお届け。なぜ?どうして?を大切に、1つ1つの小さなお悩みにも答えていきます。

  • Facebook
  • インスタグラム
  • ツイッター
  • line

関連記事