口コミ|
シャンプー|
ヘアケア|
髪質改善|
縮毛矯正|
くせ毛カット|
薄毛・脱毛|
アンバサダー|
趣味
  • スタッフ
  • Lily公式ストア
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

【くせ毛を活かす】私の髪質では無理と決めつけないで

2015.4.30

Lilyくせ毛マイスター:くせ毛カット, 野坂 信二

長年縮毛矯正かけてるひとって

もはや【自分のくせ毛がどんな感じだったのか思い出せない】なんて

方が 実はけっこー多かったりする!

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

 

 


 

ども

くせ毛顧客率99%

【くせ毛マイスター】のっちです♪

Lily 野坂信二

 

 

自分のくせ毛が思い出せない!?

 

長年定期的に縮毛矯正をかけているひとに

よく見られる現象

 

くせ毛が出切る前に縮毛矯正をかけてしまうので

自分の元のくせを確認しようもんにも なかなか難しい

 

定期的に縮毛矯正かけているひとは

単に「くせが強いから」という理由でかけているひともいるんだけど

【地のくせ毛と縮毛矯正のストレートな感じのギャップの不自然さ】

が気になってけkるひとが非常に多い!

 

真っ直ぐすぎる縮毛矯正が原因

 

真っ直ぐ過ぎる針金のような縮毛矯正が

その負のスパイラルを生み出す原因だったりする

 

仮にも

髪の毛の自然な丸みの残る縮毛矯正をかけたのであれば

縮毛矯正をかけていても

くせ毛とのギャップを少なくすることが出来き

馴染みがいいから 縮毛矯正のスパンを長くすることができる

まぁでもこれはほどほどのクセの強さであることが条件であって

強すぎるクセだと

なかなかそれくらいでは縮毛矯正のかけるスパンを

短くすることは 難しい。。。

 

で 短いスパンでかけているひとは

クセがそこまで強くないのにもかかわらず

「自分は縮毛矯正をかけなけらばならないくらいクセが強いんだ」

と勘違いしてしまっているケースが非常に多い!

 

 

元を返せば美容師の責任

 

縮毛矯正がずっと続く理由としては

 

  1. 自分がやりたい(やったほうがいい)と思うから 
  2. 美容師に勧められる

 

まぁ 良くも悪くも言ってしまえばこの2点ですよね

 

美容師さんは安易に「縮毛矯正かけたほうがいいんじゃない?」

という傾向にある気がする

 

お客さんに聞いた話だけどね

んー「浅い」というか「甘い」というか、、、

クセがあるから もうすでに縮毛矯正をかけているからと

そのひとの真意や隠れた髪質を把握しようともせず

その場だけどうにかできればいい的な発想には

のっちは賛同出来ない

 

縮毛矯正は選択のひとつとしてあるべきだし 否定はまったくしていない

のっち自身縮毛矯正やらない日のほうが珍しいしね(笑)

 

BEFORE

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

 

 

ずーっと縮毛矯正をしていたんだけど

前回の施術で髪をバッサリ切って

脱・縮毛矯正を目指し始めた!

 

最後に縮毛矯正してから もうすでに半年ほど経っている

うーん クセはあるけど

これは十分縮毛矯正なしで可能とのっちは思うレベル

 

今回は本人の希望もあって ショートボブに

一回短くすると どんどん短くなるあるある現象

プラス毛先に縮毛矯正が残るので

その部分にはパーマをかけて馴染ませていきます♪

 

 

AFTER

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

 

 

 

仕上がりはこんな感じ

クセとパーマが交わっていい感じ♪

 

くせ毛 カット 得意 上手 活かす

 

今日はこんなん。ほいじゃね♪

 

 

Lilyくせ毛マイスター 野坂信二

野坂 信二

予約

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。

  • Facebook
  • Google+
  • インスタグラム
  • ツイッター
  • line

関連記事