口コミ|
シャンプー|
ヘアケア|
髪質改善|
縮毛矯正|
くせ毛カット|
薄毛・脱毛|
アンバサダー|
趣味
  • スタッフ
  • Lily公式ストア
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

【傷んでしまった髪に】お家で出来る簡単なケアをご紹介!

2017.12.1

美容室Lilyスタイリスト:木村 賢司

どうも、表参道で美容師をしている木村です。


今日はこんな質問をいただきました。

「髪がすごく傷んでるんですけど、お家でできるケアとかありますか?」

はい。もちろんあります。
ですが、その前に知っておきたいことが一つ。

傷んだ髪が治ることは絶対に無いということ。


まずはこの記事をお読みください。

トリートメントで傷んだ髪は治らないってホント?

この記事を読んでいただいたところで話を進めていきます。

僕が提案するお家でのケアは大きく分けて3つ

・ホームケア(シャンプーやトリートメント)の見直し
・髪の乾かし方
・アイロンの温度設定

ホームケアの見直し

ホームケアが合っていないと髪の質感が重たくなってしまったり、まとまりが悪かったり、パサつきが出てしまったりします。

僕がおすすめしているホームケアはFlowersですが、金銭的な問題もあると思いますのでそこはお近くのヘアケアに強い美容師さんに相談して選んでもらうといいかと思います。

市販のシャンプーと2万円超の最高級シャンプー「Flowers」を比較してみた

髪の乾かし方

これまたかなり重要なポイントになります。

乾かし方一つで毛先がハネるのを防げたり、ツヤやまとまりを出せたり、アホ毛を防げたりもします。


乾かし方に関してはこちらの記事をご参照ください。
基本的な髪の乾かし方に併せてアホ毛を防ぐ乾かし方をご紹介しています。

アホ毛ができない乾かし方を現役美容師がお教えします!

アイロンの温度設定

アイロンといえば180度で使われていることが一般的ですが、僕らヘアケアに力を入れてる美容師からすれば非常識極まりないことです。

アイロンの温度は必ず130度以下。


また、安価なアイロンによくあるのですが、130度に設定しても実際の温度を温度計で測ってみると150度くらいの温度が出ているなんてことも意外によくある話です。

高級アイロンでも同じ事例はあったので、不安な方は設定温度は最高でも110度に抑えるようにしましょう。

こんなところでしょうか。

何より大切なのは毎日続けることです。

お家でできるケアを大きく3つに分けてご紹介しました。

他に分からないことや髪に関する質問がある方は公式LINEまでお願いします♪

友だち追加

僕のご予約について

僕はまだ美容師1年目であり、もちろん他のスタイリストにはまだまだ及びませんが、誠心誠意、全力で綺麗にさせていただきます。

もちろん、他のスタイリストにはまだまだ及ばないのでお値段も他のスタイリストに比べて安くさせていただきます。

もしも以上のことにご理解いただけて、僕の成長にご協力していただけるというのであれば、是非髪を綺麗にさせてください。

髪質改善とお客様から喜びのお言葉↓

髪質改善でここまで髪が綺麗になりました

髪が多いとお悩みの方へ↓

髪が多く感じる原因はダメージと癖と…錯覚!?

髪を綺麗にしたい方へ↓

髪が綺麗にならないあなたへ。「マイナスのヘアケア」のススメ

参考までに、僕のお客様のビフォーアフターの画像です。

このように必ずあなたの髪を綺麗にしてみせます。

そして、お家に帰ってからも綺麗が毎日続くようにホームケアのおすすめや髪の乾かし方、毎日のケアの仕方など、お客様の悩みや分からないことに沿ってアドバイスやレクチャーもさせていただきます。

こんな僕に髪を任せていただけるのであれば、お手数ですが記事最下部のLINEアカウントを追加の上、「予約希望」の一言を最初に添えてメッセージをお送りください。

尚、施術出来るメニューは縮毛矯正、髪質改善、カラー、カットとなります。

お値段に関しては髪の長さなどによって変動するのでLINEでのカウンセリングを進めて提案させていただく形となりますのでご了承ください。

もちろんスタイリストにも見ていただいてアドバイスももらいながら施術していきますのでご安心ください。

それでは、ご連絡お待ちしておりますね。

LINEアカウントはこちら↓↓

友だち追加

関連記事