口コミ|
シャンプー|
ヘアケア|
髪質改善|
縮毛矯正|
くせ毛カット|
薄毛・脱毛|
アンバサダー|
趣味
  • スタッフ
  • Lily公式ストア
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

傷んで見えるくせ毛のクセを活かしたショートボブはツヤ感が大事!

2017.6.26

Lilyくせ毛マイスター:くせ毛カット, 野坂 信二


 

どもー

Lily所属 くせ毛カットと縮毛矯正が得意で上手と 口コミで評判の

【くせ毛顧客率99% くせ毛専門美容師】くせ毛マイスター のっち です♪

野坂信二
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
↑ランキング登録中!応援クリックお願いします♪

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

くせ毛を活かした髪型はツヤ感が大事!

くせ毛はくせ毛特有の「パサつき」があります

 

くせ毛の人の全員が全員パサつきがあるわけではないのですが

日本人のくせ毛は 乾燥してパサつきの目立つタイプの方が多いですね

 

くせ毛は主に

波状毛・捻転毛・縮毛・連珠毛とざっくりカテゴライズされているんだけど

捻転混じりな髪質が日本人は多くて それが髪のパサつきを生み出していたりします

【くせ毛の種類】くせ毛の形状(4種類)の違いとは?

 

白人さんなんかで ウェーブがありつつ艶があるっていうのは

それも原因の一つであったりするんですよね

 

くるくるだったりうねうねだったりするのは別に気にならないんだけど

どうにもこのパサつきがきになる と悩んでいる方もすごく多いです

 

根本的にどうにかするとなると 縮毛矯正が一番良かったりはするけど

それだとくせ毛のくるくるうねうねを活かしたい人は「うーん」って感じですよね

 

【BEFORE】

半年ぶりのご来店

いくらカットをしっかりしているからって半年持たせるとは

もうくせ毛の扱いは上級者ですね

 

弟子入り頼もうかな。。。(笑)

 

AFTER

 

ツヤ感◎

こんな風に スタイリング剤や 洗い流さないトリートメントでツヤ感を出すと

くせ毛のデメリットである「傷んでいないのに傷んで見える」髪質をカバーすることができます

 

くせ毛を活かす髪型は全く万能ではないですが それも含めて僕は好きです

 

思い通りにならない髪 同じことをしているのに同じにならない髪

季節や天気に大きく影響される髪

 

全部自分 捉え方は人それぞれ

髪も心も自由が一番ですね

 

野坂信二はこちらでくせ毛専門ブログを書いています

 

 

くせ毛関連リンク

素材 くせ毛カット 野坂

 

【脱・縮毛矯正】縮毛矯正をやめたい くせ毛・天パを活かしたい人へ

【2015】くせ毛を生かしたカットまとめ その1

【2015】くせ毛を生かしたカットまとめ その2

【2015】くせ毛を生かしたカットまとめ その3


◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
↑CLICK!!!
野坂信二
くせ毛を活かすカット・縮毛矯正のプロフェショナル

くせ毛マイスター 野坂信二は 美容室「Lily」に所属しています

 

営業日

火曜定休 他不定休

営業時間

営業時間 10:00〜要相談

住所

東京都渋谷区神宮前5-15-11 1F+2F

詳しいアクセスはコチラ

メニュー・料金

くせ毛カット  12000

カラーリング  8000〜

縮毛矯正    30000〜

詳しいメニュー・料金はコチラ

ご予約・相談

【LINE@】
友だち追加数

【メール】

kusegemeister_notch1221@yahoo.co.jp

届くように設定をしたのち ご連絡ください。

TEL

03-6427-6427

※少人数営業のため、電話に出られないことがあるので

その場合は時間をあけてお電話お願いします。

 

 

Lilyくせ毛マイスター 野坂信二

野坂 信二

予約

都内2店舗を経て、専門特化美容家集団「Lily」に オープニングスタッフとして参加。下積み時代から型に捕われず、様々な知識技術を習得。くせ毛顧客率99%という全国でも他に類を見ない くせ毛のプロフェッショナル技術者【くせ毛マイスター】として、くせ毛を手なづけるカットや自然で低ダメージな縮毛矯正を得意とする。他にも他店で縮毛矯正やデジタルパーマなどで失敗された 「ビビリ毛」の修繕なども依頼されるなど 都内のみならず全国のくせ毛や髪のダメージに 悩む方々から絶大な支持を得ている。

  • Facebook
  • Google+
  • インスタグラム
  • ツイッター
  • line

関連記事