口コミ|
シャンプー|
ヘアケア|
髪質改善|
縮毛矯正|
くせ毛カット|
薄毛・脱毛|
アンバサダー|
趣味
  • スタッフ
  • Lily公式ストア
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

どこもマネできない組織づくりとは

2018.6.29

Lily 代表:柳本 剛

先日Unami吉祥寺代表のファムと対談取材を受けてきました。

柳本剛,Lily,シャンプー,シャンプー解析,ヘアケア,トリートメント,くせ毛,40代,50代,60代,癖,活かす,ヘアスタイル,髪型,トリートメント解析,くせ毛用シャンプー,縮毛矯正用シャンプー,リッチケアシャンプー,パーマ,ストカール

ファムはとってもいいヤツだし、有言実行の凄いヤツなんだけど、そんなのみんな知っていることなので今日はその話は置いておいて笑
今回一緒に対談して感じたことをツラツラと。

美容業界はブラックが当たり前だった

僕も見事に俗に言うブラック企業というやつに入社してしまったわけです笑
ホント優秀なヤツからさっさと辞めていきましたよ。
1年経って残った同期は誰もいませんでした。僕一人。
それだけでも十分異常さが伝わると思うのですが、その当時の僕にはその狭い世界が自分の全てだと思い込んでいました。
全てを自分で背負い込んでいましたね。
美容師を辞めたいとか美容師の仕事が心からつまらないと感じたのは、後にも先にもこの時だけです。

もし美容師辞めたいとかつまらないと感じている人がいるのなら、それは環境が悪いだけかもしれません。
実際僕はこの1店舗目のお店を辞めてから美容師の仕事が好きで好きで、楽しくて楽しくて仕方ありません。愛しています。
もらえる給料は一緒でも全く別の世界でした。
それだけ環境というのは大事なものです。

反面教師

ブラック企業に勤めてしまって最悪!と思うのが普通ですが、僕が1つだけ勤めて良かったと思えていることがあります。
それは『ブラック企業を反面教師に最高の環境づくりができる』ということです。

ブラック企業は組織の大前提である人財からどんどん離れていき崩れていきます。
ならばいかに働くスタッフにとって居心地がよく楽しい環境を提供できるかを考えればいいのです。
それが僕がLilyの経営者としての役割です。

どこもマネできない組織づくり

スタッフが辞めない居心地のいいサロンというだけではサロンの存続はできません。
僕たちが目指したのはどこもマネできない唯一無二の集団です。

まさにワンピースやアンベンジャーズといった表現が一番近いと思います。
一人一人が船長や映画の主役を張れるだけの光り輝く価値と個性。
そんな強い個が集まったらもっと凄いことが起こるのなんて容易に想像することができますよね!
それが今現在Lilyで起こっていることです。
まさに当初想定した通りの流れになっています。

仕組みはマネできる。じゃあマネができないこととは?

いくら素晴らしい仕組みを作ってもマネされます。
それこそ資金力がものを言います。
じゃあ資金力が関係なくマネの効かないものは何か?

その答えを見つけるのが経営者の仕事ではないでしょうか。
僕らはその1つの答えを見つけただひたすらに実行し続けているのです。

その根底には自分が受けた酷い仕打ちからたどり着いた『スタッフファースト』という考えが僕の意識に深く刻み込まれています。

『災い転じて福となす』

まさにこの言葉通りの人生を歩んでいる私でございます。
たくさんの失敗や困難がありましたが、そんな経験がるからこその今の自分たちがあるのです。

対談ではファムから「美容師人生のスタート時点で既に大失敗してるじゃん!」と突っ込まれる始末でした笑
大丈夫。僕のようにスタートからつまずいても何とかなるものです。
失敗を恐れず挑み続けましょう!
その失敗という経験が一回りも二回りもあなたを成長させてくれるのです。

失敗は成功の元 ですからね!

Lily代表 柳本剛

柳本 剛

予約

Lily代表。くせ毛・縮毛矯正の匠であり、1万人以上のくせ毛を扱い辿り着いた、独自のヘアケア理論を持つ。その圧倒的なくせ毛に関する経験や知識を生かし、お客様目線のくせ毛に特化したヘアケアの開発を得意とする。

  • Facebook
  • Google+
  • インスタグラム
  • ツイッター
  • line

関連記事