くせ毛の悩みに|
髪の傷みにお悩みの方へ|
自宅でのヘアケア|
お客様の声・施術例|
スタッフの日常
  • スタッフ
  • Lily公式ストア
  • ご予約
  • アクセス・地図
  • メニュー

黒髪からブリーチをしないで明るくカラーする方法を教えてください!

2018.2.18

美容室Lilyスタイリスト:木村 賢司, 髪の傷みにお悩みの方へ

黒髪からブリーチをしないで明るくカラーってできるの!?

 

※文章を読むのが得意じゃないという方は【青文字】の部分だけお読み頂けると内容が分かるようになっているのでそこだけ読んでいただいたら結構です^^

 

詳しく知りたい!という方はそれ以外もお読みください♪

 

ということで、インスタからご質問をいただきましたのでお答えしていこうと思います。

 

 

「質問です!!
黒髪から、ブリーチなしで明るめのブラウンって入りますか?」

 

 

木村賢司のAnswer

 

まずはじめに知っておいていただきたいことが3つあります。

 

一つはブリーチじゃない普通のカラー剤でもブリーチと同じ髪を脱色する成分は入っており、

 

ブリーチに比べてカラー剤は脱色する力が弱くなるように成分が配合されているということ。

 

もう一つは、あなたの髪はなぜ黒髪なのかというところから把握しておく必要があり、

 

黒染めをしたから?

 

髪を全く染めていない地毛、いわゆるバージン毛だから?

 

それによって答えは変わってくるということ。

 

最後に、同じカラー剤で同じ量塗って同じ時間をおいて染めても

 

その髪質によって結果は様々で、明るくなったり、暗くなったり、

 

このカラー剤を使えばどんな髪でもこの色になるというものではなく、

 

明るくなりやすい髪もあれば明るくなりにくい髪もあるということ。

 

簡潔にまとめると以下の通り。

 

①カラー剤にも弱くともブリーチ効果はある。

②黒染めをした状態なのか、一切染めていない地毛の状態なのかで答えは変わる。

③明るくなりやすい髪もあれば明るくなりにくい髪もある。

 

順を追って簡単に分かりやすく説明させていただきますね。

 

 

 

①カラー剤にも弱くともブリーチ効果はある

 

 

カラー剤にブリーチ入ってるの!?と驚く方も多くいらっしゃるかと思います。

 

そもそも何でブリーチ成分が入っているかって、

 

黒画用紙を茶色のマジックで塗りつぶそうとしても全然変わらないですよね。

 

対して白画用紙に茶色のマジックで塗りつぶそうとしたら綺麗に茶色に塗りつぶせますよね。

 

髪にも同じようなことが言えます。

 

黒髪に色素だけ入れても色は見えづらいし、ブリーチで明るくなった髪に色素を入れると色はハッキリと見えやすくなります。

 

とは言え、ブリーチ成分を強くしてしまうと髪は傷んでしまうので弱めに設定されています。

 

黒画用紙の場合、脱色すると、、

 

黒→灰→白

 

となりますが、

 

髪の場合、脱色すると、、

 

黒→

 

となります。黒髪、茶髪、金髪です。

 

何が言いたいかって、茶色く染めたいのにわざわざ金髪まで脱色して茶色の色素を入れるなんてのは二度手間ですし、

 

髪にも余計な負担がかかりますよね。

 

つまり、明るく染めたいならブリーチで髪を明るい状態にする必要があり、

 

暗く染めたいなら軽く脱色する程度で色は入るのでブリーチの必要は無いということです。

 

 

 

 

②黒染めをした状態なのか、一切染めていない地毛の状態なのかで答えは変わる

 

 

黒染めをしていると基本的にはブリーチや脱染剤を使わなければ明るくすることができません。

 

逆を言うと、明るくした経験があって黒染めをしている状態であればブリーチほど髪に負担のかからない脱染剤を使って

 

カラー剤の色素を抜いて黒染めする前の髪本来の明るい状態に近づけることが出来ます。

 

ですが、黒染めがセルフだと相当厄介なので一度美容室で見てもらうことをおすすめします。

 

地毛の場合ですが、こればっかりは髪質も人それぞれなのでなんとも言えません。

 

次の③で分かりやすく説明していきますね。

 

 

 

 

③明るくなりやすい髪もあれば明るくなりにくい髪もある

 

 

先ほど地毛の場合はなんとも言えませんと書きましたが、

 

髪によっては明るくなりやすい髪と明るくなりにくい髪があります。

 

例えば、明るくする力が1の薬、2の薬、3の薬があったとします。

 

それをAさん、Bさん、Cさんの地毛の部分に1、2、3の薬を三箇所に個別で塗って同じ環境で同じ時間おいたとします。

 

するとAさんの髪は1の部分はほぼ変わらず、2もさほど変わらず、3でようやく少し茶色くなったと。

 

Bさんの髪は1はさほど変わらず、2で少し茶色くなり、3で少し明るい茶色になったと。

 

Cさんの髪は1で少し茶色くなり、2で少し明るい茶色になり、3で明るい茶色になったと。

 

といったように、同じ薬を同じ環境で染めたとしても、結果には個人差があります。

 

このトーンのこの薬を使ったからどんな髪もこの明るさのこの色になるというわけではありません。

 

まとめ

 

じゃあ結局ブリーチしないで明るくできるの?できないの?

 

答えは「人それぞれ」というのが正直なところです。

 

できる人も入れば出来ない人もいる。

 

ただ、僕ら美容師が実際に髪を見たらある程度の予想はつきます。

 

この髪にはブリーチが必要なのか、そうでないのか、

 

美容師だからこそ、たくさん髪に触れてきたからこそ見えてくるものがあります。

 

不安なようであれば近くの信頼出来る美容師さんに直接見てもらって相談に乗ってもらうのが確実でしょう。

 

もし僕でよければブリーチを使わず出来る限り明るくカラーさせていただきますので、是非公式LINEまでお問い合わせください。

 

 

同じ疑問を持つ方にとって、少しでもお役にたてたらと思いを込めて書いてみました。

 

市販のカラー剤で明るく染まるものを教えてください!

木村
市販のカラー剤では以下のものが明るく染まると評判です。

\市販でもっともかわいく染まるカラー剤と評判/

上のミルクジャムヘアカラーは全部で6色の種類があるのですが、どれもキレイに明るく染まると好評です。

「amazonでみる」を押すと商品ページから他の色も見れるので、好きな色で染めてください。

1箱だと足りないことが多いので、2箱セットでの購入をオススメします。

 

 

木村
ブリーチだとこれが問答無用に最強です。

\市販で最強のブリーチ/

 

 

ブリーチを使用しない明るめヘアカラー実例

 

何度もカラーを繰り返し、全体がかなり明るくなっているお客様。

 

「根元の地毛を全体に合わせて明るくしてほしい」ということで

 

ブリーチを使用せず、一度のカラーで染めていきます。

 

 

仕上がりはいかに…!?スライドしてチェック♪

 

 

 

ご覧の通り、バッチリ綺麗に明るくなりましたね^^

 

これはプロだからこそ成せる技であり、ご自宅でのカラーでは成しえません。

 

明るいカラーほどムラが目立ちますので自分で染めると高確率でムラになってしまいます。

 

 

プロであっても自分の髪を根元から毛先まで均等に染めるのは至難の業。綺麗に染めたいならば、髪を染めるときは必ず人にやってもらいましょう。そして、信用できるプロに任せるのが一番ですよ♪

 

 

ではでは〜!!

 

 

私が責任を持って担当させていただきます!

“美髪の先生” 木村 賢司

今回施術したメニュー:美髪カラー(根元のみ)

¥7,500+税

※全体カラーは¥9,000+税

独自に編み出した“マイナスのへアケア”で一切の無駄を省き、どんな髪でも確実に美髪へと導く美髪のスペシャリスト。

TV・メディア出演多数の表参道ヘアケア専門特化美容室「Lily(リリィ)」で日数限定で美容師としても活動し、数多くの髪に悩む女性を美髪へと導いている日本屈指の美髪のプロフェッショナルである。

<施術メニュー>

美髪カット/美髪縮毛矯正/髪質改善/美髪カラー/Flowers無料体験

<予約方法>

LINE/メール

\↓LINEの追加はボタンをタップ↓/

↑Flowers無料体験の問合せもこちらから↑

 

 

 

 

 

 

Amazonで「色がきれい」と人気の市販のカラー剤↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約お問い合わせ専用LINEアカウントはこちら↓↓

 

友だち追加